WEBで成功しているリフォーム会社コラム

建設・建築業もSDGsの取り組みがマスト? ホームページを使って上手に発信しよう!
【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 

 

 

2015年に国連で、「持続可能な開発目標」という17の目標が掲げられました。
2030年までに達成すべき目標として、現在多くの企業においてSDGsを経営課題や会社の取り組みとして位置づける等、注目を集めています。

今回はSDGsの基本的なことから、建設・建築業界向けの目標などをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

1 最近よく耳にする“SDGs”って?

 

最近、テレビやニュースで「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を耳にする機会が多くなってきたのではないでしょうか。

 

~SDGsとは~

2015年、国連サミットで「誰ひとり取り残さない」世界の実現を目指して掲げられたのが“Sustainable Development Goals”=持続可能な開発目標=通称「SDGs」です。

 

~「持続可能な開発目標」~

世の中の社会生活の発展に伴い、近年多くの環境破壊から起きる問題が発生しています。

環境破壊は生態系の崩れにつながり、生態系が崩れると食糧難につながります。

その流れを断ち切り、地球環境を守るため「持続可能な開発目標」を掲げています。

 

~「誰ひとり取り残さない」~

そしてこの言葉には、SDGsは世界中全ての国と人を対象にしていることが現れています。

貧困や飢餓、ジェンダーに至るまで幅広い視野で人々みんなが人間らしく平等にそして豊かに暮らしていくことも強調しています。

 

このようにSDGsは、先進国・途上国すべての国を対象とし17の目標から構成された、「経済・社会・環境」全ての面でバランスがとれた豊かな社会を目指す世界共通の目標です。

 

 

 

2 SDGsに取り組むメリットって?

 

社会貢献としての意味合いが強いCSR活動とは違い、SDGsは、事業を通じ“社会課題を解決する”ための世界共通の目標です。

~多くの企業がSDGsの取り組みを重要視しているのはなぜ?~

 

■企業の信用度アップにつながる

世界の大企業も率先して取り組んでいるSDGs。

“豊かな社会を目指す”といった主旨に賛同し経営を進めていることは企業のブランドイメージ向上につながり、会社に対する信用度もアップします。

 

■ビジネスチャンスを増やすきっかけになる
いずれの目標も、それぞれの問題を解決するために実際に行動を起こす必要があります。

それが新しい販路やサービスの開拓につながり、今までになかった領域へとビジネスチャンスが広がっていきます。

 

■社員の働く意欲アップ

SDGsへの積極的な目標解決の過程において、自分の働きが世の中の課題解決につながっているという意識を持つことができ、単純に仕事をしているのとは違った特別なやりがいを感じることができます。

 

■採用面の企業アピールにつながる

SDGsの中には多様な働き方を明確にサポートする目標があります。

例えば、介護休暇、男性の育児休暇、育児時短勤務、テレワークの導入、そして性別や年齢にとらわれない雇用、といった、働きやすさや働く機会を積極的に提供している企業は、応募者へ企業の大きな魅力として発信することができます。

 

 

 

3 建設・建築業向けSDGsのテーマはこちら

 

目次1でお伝えしたように、SDGsには「経済」「社会」「環境」における課題を解決するための17の目標があります。

今回こちらでは、その中から建設・建築業界が取り組めることとしていくつかの目標をご紹介したいと思います。

 

■ゴール4 質の高い教育をみんなに

<目標>すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

できること:社員に向けた技術研修や、ワークショップの開催等で建築関連の技術を提供する など

 

■ゴール6 安全な水とトイレを世界中に

<目標>すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

できること:現場に男女別トイレを設置する など

 

■ゴール7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

<目標>すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネ ルギーへのアクセスを確保する

できること:太陽光パネルの設置促進、蓄電池システムの普及促進 など

 

■ゴール11 住み続けられるまちづくりを

<目標>都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

できること:バリアフリー設備施工への積極的な参入、災害時に強い住宅や住宅設備、省エネルギー住宅の普及 など

 

■ゴール12 つくる責任 つかう責任

<目標>持続可能な消費と生産のパターンを確保する

できること:廃材の削減、築古物件のリノベーション など

 

■ゴール13 気候変動に具体的な対策を

<目標>気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

できること:再生可能エネルギーの利用、CO2排出量削減につながる設備の普及 など

 

■ゴール15 陸の豊かさを守ろう

<目標>陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

できること:植樹活動による森林減少阻止、建材確保と利用のバランス など

 

 

以上のように、建設・建築業界が取り組めるSDGsは多岐にわたっています。

 

中には、目標を設定し掲げるだけで終わってしまう企業も少なからずあるようですが、目標設定ではなく「目標の達成」に大きな意義がある取組みだということを理解し、確実に達成できることから徐々に取り組んでいくようにすると良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

SDGsへの取組みに対するイメージは浮かびましたでしょうか。

社外へ公表する際はホームページ上を有効活用している企業が多く、自社ならではの取り組みをお客様やお取引先へ伝えられれば、より会社に対しての印象や注目度が上がる可能性が高いです。

 

弊社ではSDGsページのライティングも行っておりますので、SDGsページの追加や、追加に合わせたリニューアルのご提案もいたします。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

その他、ホームページ運営のお困りごとやリニューアルのご相談・お悩みごとも、ぜひぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

 

 

(Visited 17 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP