WEBで成功しているリフォーム会社コラム

外壁塗装業はホームページで元請けの仕事を増やそう 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ 外壁塗装業はホームページで元請けの仕事を増やそう ◇

 

 

外壁塗装業界のホームページの目的は、集客をすることですよね。

その集客とは、下請けの仕事ではなく、元請けの仕事を集客することではないでしょうか?

 

直請けの仕事は利益率が高いだけでなく、施工事例を自社のホームページに掲載できるので、未来のお客さまからの信頼度もアップします。

また、お客さまとの直接やり取りすることは、お客さまの生の声を聞くことができるので社員のスキルアップ、モチベーションアップにつながります。

 

今回は、外壁塗装業が元請けの仕事を増やすためのホームページのポイントをご紹介します。

 

 

 

1 外壁塗装業は元請けの仕事を増やそう!

 

外壁塗装業においてしっかり利益率をだすためには元請けの仕事を増やすことが重要です。

その集客ツールとなるのがホームページなのです。

 

しかし、一般のお客さまを集客するB to Cのホームページと、請負会社を探しているBto B向けのホームページでは制作ポイントが違ってくるので、ホームページ制作をするときは「目的」を明確にしなければいけません。

 

今回は、利益率をだすために元請けを増やすことが目的なので、Bto Bではなく一般のお客さまを集客するためBto Cのホームページになります。

 

お客さまは比較検討のためネット検索をします。

そして他社とどのような違いがあるのか、ホームページをパッと見た時にわからなければ、たくさんある競合他社の中に埋もれてしまいます。

 

他社との違いは何か

・技術

・扱っている材料のメーカーや特徴

・補償内容

・施工時のフォロー体制

 

お客さまにとってのメリットは何か

・価格

・スピード

・技術

・アフターフォローなど

 

他社との違い、自社の強みをしっかりアピールしましょう。

 

 

2 外壁塗装業のホームページ制作ポイント

 

では元請けを増やすためのホームページには何を掲載したらよいのでしょうか?

 

・自社の強み

お客さまは他社と比較検討をするためにネット検索をします。

比較検討で他社に負けないために自社の強みをしっかりアピールしましょう。

こだわり、得意な分野、実績、金額など、お客さまにとって何がメリットになるのかを考えて記載しましょう。

 

・施工事例

一番大切なのはお客さまに信頼してもらうこと

そのためにはお客さまが見て内容がわかる「施工事例」を充実させます。

施工事例には、Before &Afterの写真、費用、作業工程、施工期間、お客様の声があると信頼感がたかまります。

 

・料金プラン内容の紹介

やはり料金プランは気になるところ。

料金プランがないホームページより、料金プランの掲載があるホームページのほうがお客さまからの信頼も高まります。

目安でも構いませんので掲載をしましょう。

 

・お問い合わせボタン

自然な流れでわかりやすい位置に配置しましょう。

お客さまがお問い合わせをしたいのに「お問合せボタン」がどこにあるのかわかりにくいと、そのまま離脱してしまいます。

また、お電話で確認したいお客さまもいらっしゃいます。

電話番号と営業時間の記載も忘れずに。

 

・よくある質問

お客さまからよくくる問合せは、ホームページに掲載することによりお客さまのお悩みや不安が解消されます。

また同じ質問に対応することが減りますので、一石二鳥です

 

・会社概要

信頼できる会社なのかを判断する基準の一つです。

会社概要には、会社名、所在地、電話番号、メールアドレス、ホームページのURL、代表者、事業内容、設立年月日などを記載します。

さらに代表メッセージでお客さまから共感を得ることができれば、信頼度が高まります。

 

・外壁カラーシミュレーション

お客さまが外壁や屋根の塗装を検討する時に、塗装後の完成イメージができると安心です。

住宅の写真をいくつか用意し、外壁を塗った場合、屋根を塗った場合など、さまざまなパターンを画像でシュミレーションします。

さらに外壁、雨戸、ベランダ、アクセント、破風、屋根、出窓、笠木、付柱、雨樋などパーツを細かく設定するとよりイメージが明確になり、お客さまが依頼しやすくなります。

 

 

3 デザインのポイント

 

外壁塗装業界のターゲットは家やビルをお持ちの家族や高齢者、もしくは請負会社を探している企業の担当者です。

自社のホームページの目的によりターゲットは変わります。

元請けの仕事を増やすためには、家やビルを持ちの家族や高齢者などがターゲットになります。

そのため、デザインは自社の強みや特徴などの内容がわかりやすいデザインがおすすめです。

そして建築業は「信頼」が大切です。

お客さまから信頼してもらうには、社長やスタッフの写真も掲載しましょう。

お客さまは、どんな会社のどんな人が担当してくれるのか顔が見えることで信頼感が高まります。

社長もスタッフも笑顔の写真にしましょう。

 

社長のメッセージも大切です。

お客さまは、この会社はどんな人が経営していて、何を大事にしているのかを判断します。

 

自社の実績を伝える施工事例は必ず掲載してください。

一般のお客さまがわかりやすいように、工事の工程の写真や、Before&Afterの写真を掲載しましょう。

Before&Afterの写真は結果がわかりやすいように同じ角度から撮影することがポイントです。

 

いかがでしょうか?

ホームページからの集客にはまず、「ターゲット」を設定しましょう。

Bto C、Bto Bなのかで掲載する内容が変わってきます。

さらにBto Cでもターゲットを明確に設定することにより、自社の強みや他社との違いをしっかり伝えて集客につなげましょう!

 

 

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 
 

 

(Visited 2 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP