WEBで成功しているリフォーム会社コラム

見た目やデザインばかりにこだわったWebサイトの落とし穴 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ 見た目やデザインばかりにこだわったWebサイトの落とし穴 ◇

 

 

 

スタイリッシュでおしゃれなデザインのWebサイト

クリエイティブな感じでカッコイイですよね。

 

でも、もしかしたらそれは企業側の自己満足かもしれません。

 

そもそも建設業のWebサイトの目的は何でしょうか?

クリエイティブなデザインやアイデアを伝えたい場合は別ですが、多くは集客のためではないでしょうか?

 

今回はWebサイトのデザインについて考えてみます。

 

 

 

1 Webサイトは誰のためにあるのもの?

 

そもそもWebサイトは誰のためにあるのでしょうか?

企業のWebサイトはお客様のためにあります。

 

建設業の場合なら、リフォームなどを検討しているお客様のためですよね。

リフォームを検討しているお客様のためのホームページなのに、社員の好みなどが優先されてしまっていませんか?

 

Webサイトはお客様にとって分かりやすいものでなければ意味がないのです。

 

Webサイトには取扱説明書はありません。

お客様がパッと見て、このWebサイトに自分の知りたい情報があるか、問い合わせは可能かどうかを判断します。

 

例えば

・お客様が知りたい有益な情報 (悩みや問題の解決方法など)

・他社との違い、自社のアピールポイント

・問い合わせ方法

 

これらの情報がお客様に分かりやすくにWebサイトに掲載されていますか?

 

お客様が何を悩んでいて、どんな情報を得たいのかは「ターゲット」を設定することにより明確になります。

建設業においては、ターゲットよりもパーソナリティを持った人物像である「ペルソナ」を設定するのがおすすめです。

ペルソナを設定すると、ターゲットよりも明確にお客さを絞りこむことができるので、お客様の悩みや欲求を解決する情報を提案しやすくなります。

 

Webサイトは、お客様が必要としている情報をわかりやすく提案できているかが重要なのです。

 

ペルソナを自社のWebサイトに訪問してもらいたいお客様像で設定すれば、お客様のニーズが明確になり、お客様が何を必要としているかをお客様目線で提案できるので、より的確にお客様が必要としている情報を提案できるのでお客様の満足度も高まります。

 

詳しくは 「ターゲットとペルソナって重要なの?」こちらもご覧ください

https://kenchiku-senmon.com/blog/371.html

 

 

2 見た目やデザインにこだわったWebサイトの落とし穴

 

見た目やデザインばかりにこだわったWebサイトは、集客にはつながりません。

 

見た目やデザインにこだわったおしゃれなWebサイトは、クリエイティブで魅力的と思うかもしれませんが、落とし穴があります。

 

それば「情報量」です。

見た目やデザインにばかりこだわり、カッコイイ画像が並んでいて文字が少ないおしゃれなWebサイトは情報量が少ないのです。

例えば、カッコイイ現場写真などをたくさん掲載して、「カッコイイWebサイト」になったというだけで満足していませんか?

 

Googleなどの検索エンジンは、画像の情報を読み取ることは難しく、デザインの美しさは評価されないのです。

 

見た目やデザインばかりにこだわり、スタイリッシュなWebサイトをつくっても、残念ながらSEO対策としては意味をなさないので、検索順位を上げることはできません。

検索されなければ、Webサイトをお客様に見てもらえないのです。

 

Webサイトは見た目のデザインよりも「情報量」が大切なのです。

 

 

3 建設業がWebサイトで失敗しないために

 

見た目やデザインばかりにこだわり、文字数の少ないWebサイトは、検索エンジンから見ると情報が少ないWebサイトと判断されます。

 

検索エンジンであるGoogleは「良質なコンテンツを上位表示させることがユーザーの満足度につながる」と言っています。

そのため上位表示されるWebサイトには、お客様の「知りたい」「役に立つ」情報を掲載する必要があります。

 

デザインがおしゃれなWebサイトより、しっかりテキスト(文章)が書かれているWebサイトのほうが検索エンジンは良質なコンテンツのあるWebサイトと判断します。

お客様は、Webサイトのデザインがおしゃれでステキかどうかを見ているのではなく、自分が知りたい情報や、役に立つ情報のコンテンツがあるかどうかを見ているのです。

 

 

また、トップページだけをこだわりすぎるもの注意が必要です。

おしゃれなトップページを作ったからと満足していませんか?

 

Webサイトのトップページのアクセスは20%以下で、80%は下層ページから検索エンジンを通してアクセスしています。

どんなにこだわりのあるおしゃれなトップページを作っても、8割のお客様はトップページ以外からアクセスしてくるのです。

 

集客ができないWebサイトは、下層ページのコンテンツが不十分の可能性があります。

 

建設業での下層ページのコンテツでは、お役立ち情報のコラムや施工事例ブログなどがあります。

こちらに、お客様にとって有益な情報を提供することで良質なコンテンツとなり、Webサイトは集客できるようになるのです。

 

Webサイトのアクセス数を増やして、集客をアップするには「お客様にとって有益な情報を提供できるか」ということがポイントになります。

このポイントからズレてしまうと、どんなにデザインが素敵でもアクセス数や集客をあげることはできません。

 

良質なコンテンツを増やして、お客様にとって役立つ信頼できるWebサイトにしましょう。

 

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

(Visited 22 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP