WEBで成功しているリフォーム会社コラム

コンテンツマーケティングが必要な理由 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ コンテンツマーケティングが必要な理由 

 

 

 

 

 

マーケティングの手法にもいろいろあります。

例えばテレビCMやネット広告、DMなどの、売り込み型の「アウトバウンドマーケティング」では、

「商品を買わせたい」という企業の狙いが見え見えで、ユーザーは少しうんざりしてしまっているのが現実ではないでしょうか。

 

インターネット普及に伴いユーザーの行動は変化しました。

ユーザーは、「広告」というだけで未読のままゴミ箱に移すのが当たり前になっています。

 

ユーザーは、知りたい情報は自分でネット検索します。

そのため「コンテンツマーケティング」が注目されているのです。

 

ではコンテンツマーケティングとは何なのでしょうか?

今回はコンテンツマーケティングについてまとめました。

 

 

 

 

1 コンテンツマーケティングとは

 

コンテンツとは、「内容」や「中身」という意味ですが、Webサイトで使われている意味としては「情報の中身」のことです。

 

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供し、ユーザーに興味関心を持ってもらい、お問合せなどをしてもらうことにより、収益につながる行動をとってもらうことです。

例えば、お客様の「知りたい」「役に立つ」と思う情報をブログやコラムなどのコンテンツに掲載することで、お客様は自社のファンになり、最終的には商品やサービスを買ってもらう施策です。

 

そのためには、お客様の「知りたい」「役に立つ」価値のある良質なコンテンツが必要です。

コンテンツマーケティングを成功させるには、広告ではなく、お客様にとって価値のある良質なコンテンツである、コラムやブログを継続的に掲載していくことがポイントです。

 

また価値のある良質なコンテンツをWebサイトに蓄積することは、企業のブランド力も高まり、お客様にとって役に立つ信頼できるWebサイトになります。

 

 

2 コンテンツマーケティングが必要な理由

 

・アウトバンドマーケティングの衰退

インターネットが普及していなかった頃は、テレビCMやネット広告やDMなどの売り込み型の「アウトバウンドマーケティング」を展開していました。

しかしこのような広告は「商品を買わせたい」という企業の狙いが見え見えで、お客様はうんざりしてきています。

お客様は大量の広告に疲れているのです。

 

それに対して、広告などによる売り込みをする代わりに、お客様が「知りたい」「役に立つ」コンテツを掲載することで、潜在顧客にみつけてもらい、最終的に優良顧客にしていくマーケティング方法が「インバウンドマーケティング」です。

インバウンドマーケティングを成功させるためには、「企業が伝えたいこと」を伝えるのではなく「お客様が知りたい情報」を掲載し、興味を持ってもらう仕掛け作りをするコンテンツマーケティングが必要なのです。

 

・検索エンジンの評価方法

また、検索エンジンであるGoogleが「良質なコンテンツを上位表示させることがユーザーの満足度につながる」と言う評価方法も影響しています。

以前のようにキーワードをコンテンツ内にちりばめておけば良いという訳ではなく、そのコンテンツがユーザーにとって有益であるかどうかがポイントなのです。

ユーザーを獲得するには、良質なコンテンツの掲載が必要なのです。

 

・お客様の行動の変化

インターネットの普及前は、テレビやラジオ、新聞や雑誌などのマスメディアを利用し広告を出し、お客様はその広告を見て商品やサービスを欲しいという欲求が生じ、購買行動に移ります。

しかし、インターネットが普及するとお客様は自分が興味をもった商品やサービスを自分で検索するようになり、その情報を比較検討し購買行動に移ります。

そのため、企業はお客様から注意をひくにはお客様にとって役に立つ情報をコンテンツに定期的に掲載していく必要があるのです。

 

 

3 コンテンツマーケティングをはじめよう!

 

では、コンテンツマーケティングをはじめてみましょう。

 

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供し、ユーザーに興味関心を持ってもらい、お問合せなどをしてもらうことにより、収益につながる行動をとってもらうことです。

 

ユーザーにとって価値のあるコンテンツをつくるには

・目標を決める

・ターゲットを設定

・何を伝えたいのか

 

・目標を決める

どんな施策も目標を決めることがポイントですよね。

コンテンツマーケティングも、自社の認知度をアップさせたいのか、お問い合わせ件数を増やしたいのかでは、コンテンツの内容も異なります。

コンテンツマーケティングは短期的に成果がわかる施策ではないので、目標を決めずになんとなくすすめると、方向性がブレてしまう可能性があるので目標を決めましょう。

 

・ターゲットを設定

目標を設定したら、どんな人に伝えたいのかターゲットを設定します。

年齢、家族構成などはもちろん、ライフスタイルや趣味、どのような悩みを持っているかなど詳細に人物像(ペルソナ)を設定します。

 

・何を伝えたいのか

設定したターゲット(ペルソナ)は、どのようなことに興味や関心があるのか、またどのような悩みを持っていて、どのような情報があればその悩みを解決できるのかを考えます。

それらの情報を意識した、検索ワードを盛り込みコンテンツを作成しましょう。

 

いかがでしょうか?

コンテンツマーケティングはお客様が知りたい情報を更新していくことで、お客様との信頼関係を深め、商品やサービスの購入へ導く施策です。

自社が一方的に営業するのではく、お客様にとって有益で満足してもらえるコンテンツを更新続けることがポイントです。

 

また価値のある良質なコンテンツをWebサイトに蓄積することは、企業のブランド力も高まり、お客様にとって役に立つ信頼できるWebサイトになります。

ぜひコンテンツマーケティングの実施を検討してみてはいかがでしょうか?

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

(Visited 22 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP