WEBで成功しているリフォーム会社コラム

建築・工務店の集客のお悩み解決!集客方法と成功のポイント 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ 建築・工務店の集客のお悩み解決!集客方法と成功のポイント ◇

 

 

 

建築・工務店の集客方法は、チラシ、飛び込み営業などさまざまありますが、インターネットの普及にともないホームページからの集客の重要度が上がっています。

 

現代は、商品を買う、食事をする、旅行に行くなど、何か行動をする前に必ず「ネット検索」を行います。

しかしネット検索をしたとき、ユーザーにとって有益な情報がホームページに掲載されていないと残念ながら集客につながりません。

 

ホームページは集客するための優秀な営業ツールになります。

ではホームページをどうしたら優秀な営業ツールとして集客できるのでしょうか?

今回は、ホームページからの集客方法と成功のポイントをご紹介します。

 

 

 

1 ホームページが営業ツールになる理由

 

インターネットの普及にともない、建築・工務店もネット検索することが当たり前になりました。

ユーザーがネット検索することで、今まで認知されにくかった中小規模の工務店も知られるようになりました。

そのため現代はホームページが営業ツールとなっているのです。

 

そしてホームページの営業活動にはたくさんのメリットがあります。

 

【メリット】

・24時間無休の営業活動が可能

営業マンが営業活動するには、時間も限られ休日もあります。

しかしホームページは24時間無休で営業活動をしてくれます。

また24時間無休で電話番をしなくても、お問合せフォームがあればお客さまに返信可能であり、機会ロスを防ぐことができます。

 

・安定した営業ができる

人による営業は、営業ノウハウが人により違いがあります。

もし成績優秀な営業マンが、引き抜きなどにより離職してしまったら、営業リスクが発生してします。

しかしホームページはこうしたリスクを回避して安定した営業をすることができます。

 

・見込み客の獲得

ユーザーがホームページを検索する理由は、競合他社と簡単に比較検討できるからです。

比較検討した結果、自社に問合せをしてきたということは、お客さまは自社に興味・共感をもっている見込み客ということになります。

 

・タイムリーな情報更新

看板やパンフレットなどは作成すると新しく更新するのことがなかなか難しいですが、ユーザーのニーズの変化にタイムリーに情報更新できるのがホームページです。

例えば、リモートワークの需要が高まっているので、ワークスペースをつくるため間取り変更リフォームの実例を施工事例やブログに掲載するなど、お客さまが必要としている情報に素早く対応できます。

 

 

 ターゲットを明確にする

 

ユーザーは競合他社と比較検討するためにネット検索をします。

そのために「どんな人に見てもらいたいホームページ」なのか、コンセプトを明確にしないと、たくさんある競合他社のホームページの中に埋もれてしまいます。

 

ホームページで集客をするためにはターゲットを明確にすることがポイントです。

 

ターゲット(属性を設定したもの)

例:50代男性 既婚 都内在住など年齢や性別、居住エリアなど属性を設定したもの

またペルソナを設定するとよりターゲットが明確になります。

 

ペルソナ(人物像を設定したもの)

例:家族構成は夫婦と子供2人の4人家族、仕事は大企業の中間管理職、趣味はスポーツ、価値観など人物像を設定すること

 

ターゲット設定することによりユーザーのニーズを明確化することができます。

 

ホームページは「何でも屋さん」ではなく、「ターゲットのニーズに特化する」ことが大切です。

ここで注意することは、お客さまの要望に応じたいと思うあまり、あれもこれも情報をもりこんだホームページは何でも屋さんになってしまうこと。

何でも屋さんのホームページは、ターゲットにとって必要な情報がわかりにくいものになってしまいます。

そのためたくさんある競合他社に埋もれてしまうので、集客につなげることができません。

 

自社の強みは何でしょうか?どんなお客様にきてもらいたいですか?

ホームページは、自社の強みを活かしてターゲットのニーズに合わせたコンセプトを明確に打ち出しましょう。

 

 

 集客方法と成功のポイント

 

・スマートフォン対応のホームページ

今のネット検索のデバイスはパソコンではなく、スマートフォンがほとんどです。

スマートフォン対応をしていないホームページの場合、文字や画像が小さく表示されるためユーザーはストレスを感じます。

ストレスを感じたユーザーはすぐにそのホームページを離脱しています。

そのためスマートフォン対応をしていないホームページは、潜在顧客をとりこぼしてしまうのです。

また、Googleはパソコン用のホームページではなく、スマートフォン用のホームページを基準に検索結果の表示順位を決めています。

そのためSEOの観点からも不利になってしまいます。

 

・施工事例

リフォームを検討している人の多くは、リフォーム後どのように変わるのか完成イメージを知りたいと思っています。そのため施工事例は必須コンテンツなのです。

どのように施工するのか、どのように完成するのか、写真とともに工法や使用した資材なども記載するとイメージがしやすくなります。

また施工事例をたくさん掲載すると実績豊富な会社であるとアピールができ、お客さまからの信頼を得ることができます

必ず施工事例は定期的に掲載しましょう。

 

・お問合せボタンへの導線

自社のホームページに興味・関心を持ち、お問合せをしたいのに「お問合せボタン」がどこにあるのかわからなかったら意味がありません。

潜在顧客を取り逃がしてしまいます。

・お問合せボタンはわかりやすい位置にありますか?

・電話でのお問合せの案内はわかりやすくなっていますか?

バナーを各ページに設置する、グローバルメニューやサイドバーなどに設置しましょう。

意外と「お問合せボタン」がわかりにくいホームページがあるので必ずチェックしてください。

 

いかがでしょうか?

ホームページは24時間無休の営業ツールです。

お客さまに自社の商品やサービスの強みを伝え、しっかり集客につなげましょう。

 

 

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 
 

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP