WEBで成功しているリフォーム会社コラム

SEOとMEOとは?建設業で導入すべきGoogleマイビジネス 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ SEOMEOとは?建設業で導入すべきGoogleマイビジネス   

 

 

 

こんにちは

 

突然ですが「SEO」「MEO」「Googleマイビジネス」について知っていますか?

聞いたことあるけどよくわからないなどと思われている方も多いのではないでしょうか?

 

SEOはSearch Engine Organization(検索エンジンの最適化)、

MEOはMap Engine Optimization(マップエンジンの最適化)の略です。

またMEOはローカルSEOと呼ばれることもあります。

例えば、検索エンジンで「場所+キーワード」で検索すると、検索結果の上に地図と地域周辺の情報が表示されますよね。

この部分がMEO(ローカルSEO)です。

 

Googleマイビジネスとは、自社の情報を登録するとGoogleやGoogleマップでその情報を無料で表示させることができるツールのことです。

 

今回はSEOとMEOの違いや、Googleマイビジネスについてお話しいたします。

 

 

 

 

1 SEOとMEOの違い

 

【SEO】

SEOはSearch Engine Organizationの略で「検索エンジン最適化」のことで、検索エンジンとは、GoogleやYahooなどの検索サイトのことです。

これらの検索エンジンから、自社のホームページに訪問してくれるお客様を増やすことが、SEOです。お客様にホームページを見てもらうためには、検索エンジンにて上位表示される必要があり、そのためにはお客様にとって有益な情報を提供できるコンテンツをつくり、検索エンジンの最適化を行います。

 

【MEO】

MEOはMap Engine Organizationの略で「マップエンジンの最適化」のことです。

例えば、Googleで「近くのリフォーム会社」などと入力すると、近隣の地図とリフォーム会社の情報が表示されます。

ちなみに「近くの○○」と検索した場合は、検索ユーザーの位置情報に基づいて表示されるので東京で検索した場合と大阪で検索した場合は異なる結果が表示されます。

地域の情報に根付いた施策なので「ローカルSEO」とも呼ばれます。

 

SEOとMEOの違いは、自然検索における上位表示化とマップ検索による上位表示化です。

MEOはローカルSEOとも呼ばれている地域の情報に根付いた施策なので、お客様が特定地域を指定して店舗を探すことが多い地域密着型ビジネスの建設業にとってMEOは重要な施策なのです。

 

MEOにはGoogleマイビジネスの登録が必要となります。

 

 

2 建設業はGoogleマイビジネスを導入しよう

 

MEOをはじめるには「Googleマイビジネス」の登録が必要です。

Googleマイビジネスとは、自社の情報を登録するとGoogleやGoogleマップでその情報を無料で表示させることができるツールのことです。

 

Googleマイビジネスの登録には、Googleアカウントがあれば登録可能です。

 

まず、Googleマップを開いて自社が地点登録されているか確認します。

検索結果が表示されたら、店舗情報の欄の下側に「ビジネスオーナーですか?」というメニューがあるのでクリックします。

会社名、住所など情報が合っているかを確認し「管理を開始」をクリック

画面の質問し答えて、必要な情報を選択していきます。

最後に、オーナー確認の方法を選択する画面が表示されるので、「ハガキを郵送」する方法で実在する会社であるということを確認することになります。

 

ハガキが届いたら、Googleマイビジネスにログインしてオーナー確認を完了させてください。

 

【すでに他の人がオーナー登録していた場合】

ほかの人がオーナー登録しているのに、新しく地点登録をしてしまうと店舗情報が重複してしまい、正しく情報が表示されなき可能性がありますので慎重に登録しましょう。

 

 

3 MEOを活用するメリットとデメリット

 

Googleマイビジネスに登録したら早速MEOを活用しましょう!

建設業のように地域密着型のビジネスではMEOがおすすめです。

 

【MEOのメリット】

・SEOより上位表示されやすい

例えば、「中央区 リフォーム」で検索します。

検索画面の1番上はGoogleマップが表示されます。

検索結果1位のWebサイトより上位に表示されるので、1位のWebサイトよりお客様が見てくれる可能性が高いのです。

お客様は上から順に閲覧していく傾向にあります。

MEOを活用することにより、効果的に宣伝できるのです。

 

・見込み客にアピールできる

「地域 + サービス」のキーワード検索するお客様は、そのサービスを利用する可能性が高いお客様です。

例えば「中央区 リフォーム」で検索するお客様は。リフォームをすることは決まっていてあとはどこのリフォーム会社でリフォームをしようか考えている状態です。

MEOを活用することで、このような見込みの高いお客様にアピールできることが最大のメリットです。

 

・お客様が必要な情報を掲載できる

お客様が検索する目的は

「電話番号や連絡先を知りたい」「経路を知りたい」「写真を見たい」「口コミを知りたい」などです。

Googleマイビジネスを利用して、会社情報などを充実させれば、これらの情報を検索画面上で網羅できます。

 

 

【MEOのデメリット】

・ネガティブな口コミ

Googleマイビジネスに「口コミ」機能があります。

お客様がサービスの感想などを自由に投稿できるので、ネガティブな口コミが投稿される可能性もあります。

MEOで上位表示されると、自社の情報を多くの方に見てもらえます。そのためネガティブな口コミが多いとお客様に悪印象を持たれてしまう可能性もありますので注意が必要です。

もし、ネガティブな口コミが投稿された場合でも、誠実な対応をとることで悪いイメージの定着を防ぐことができます。

お客様とコミュニケーションをとり積極的に活用しましょう

 

 

いかがでしょうか?

地域密着型のビジネスである建設業にはGoogleマイビジネスを活用した集客がとても有益です。

Googleマイビジネスは無料で使えるツールです。

ホームページはあるけど、なかなか集客に結びつかないとお悩みの方は、ぜひGoogleマイビジネスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

(Visited 9 times, 2 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP