WEBで成功しているリフォーム会社ブログ

ホームページを作るために知っておくこと 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ ホームページを作るために知っておくこと ◇

 

 

最近ではどの業界でもホームページは持っているのが当たり前。

もちろん建築業界でも当たり前になっています。

ホームページを持っていなければ「ホームページがない会社は信用できない!」 なんて思われても不思議ではない時代になりました。

 

ホームページをもっていても、情報が少ない、わかりにくい、見栄えが良くないものでは、お客様がせっかく訪問してきても、ホームページの内容にがっかりして他社のホームページを検索して他に移ってしまいます。

その結果ビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

せっかくホームページを作るなら効果のあるものを作りたいですよね。

 

ホームページを作りたいけどいくらかかるの?

効果のあるホームページをつくるために何を準備しておけばよいの?

 

ホームページを作るときの費用や、制作会社に依頼するときのポイントをまとめました

 

 

 

 

1 知らないと損しちゃうかも!ホームページ制作費の相場!

 

ホームページ制作費用っていくらかかるの?

10万円でホームページが制作できる会社もあれば、100万円以上かかる会社もあります。

この金額の違いは何なのでしょうか?

いったい予算はいくらで考えれば良いのでしょうか?

 

ホームページの制作費は、ページ数、原稿や写真などの作成、パソコンとスマートフォン対応、デザイン案の数、予約や問い合わせなどのシステム導入などホームページの内容によって変わってきます。

 

【ホームページ制作の費用別特徴】

・~30万円(低価格帯)

10ページ以内ぐらいのシンプルなサイト

制作会社が用意したテンプレートなどを使用

あまり複雑な機能はありません。

個人経営の店舗や簡易的なコーポレートサイト向け

 

・30万円~100万円(中価格帯)

オリジナル性が高く、依頼者の要望に沿ったデザインが可能

ブログやコラム、ショッピング機能や独自の予約システムなどを導入したサイト

独自のコンテンツも充実

ネットショップ、予約やお問い合わせのシステム機能のあるサイト向け

 

・100万円~(高価格帯)

トレンドのコンテンツやデザインや独自のシステムを導入し、ページ数の多い大規模なホームページ

例えば、不動産情報を探すようなポータルサイト

本格的なコーポレートサイト、集客や販売などしっかり効果のあるポータルサイトやECサイト向け

 

いかがでしょうか?

作りたいホームページの内容をイメージして相場と照らし合わせてみましょう。

 

 

 

 

2 効果のあるホームページを作るには、イメージを具体化する

 

ホームページ制作のだいたいの費用相場がわかったら、実際どのくらいの費用がかかるのかを知るためには、お見積りですよね。

でも、お見積りを依頼する前に準備することがあります。

 

それは「作りたいホームページのイメージを具体化しておく」こと。

 

ホームページの具体的な内容が決まっていないと、制作会社はページ数や機能などの条件が決まらないので、正確なお見積りができません。

 

せっかくホームページを作ったのにコンテンツが足りないなど、希望していたものと違っていては意味がありませんし、あとから追加料金を請求されたなんてトラブルにならないためにもしっかりホームページのイメージを決めましょう。

 

【ホームページのイメージを具体化するためのポイント】

 

・目的を明確にする

どんなホームページでも目的があります。

目的を考えるには「誰に」「何を」伝え「どうしたい」のかを考えます。

 

建設業の場合でイメージすると

誰に→ 年齢層は?近隣の住民?新規のお客様なのか、リピートのお客様なのかなど

何を→ 自社のサービスや商品を知ってもらう

どうしたい→ お問い合わせしてもらいたい

 

何のためにホームページを作るのか目的を明確にすることがポイントです。

 

 

・目標を決める

ホームページの目的がきまったら目標をたてましょう。

たとえば建築業なら、

ホームページからのお問い合わせを毎月10件獲得する

ホームページからの集客により売上10%アップ達成など

 

目標があると、目標を達成するためにどうしたらよいのか、具体的に考えることができます。

 

 

競合会社のホームページは必ずチェック!

競合他社のホームページは必ずチェックしてください。

理由は、お客様がそのホームページを見てどう感じるかをお客様の立場で考えてみること。

 

お客様の立場で見てみると

・問い合わせするとき、問い合わせボタンがわかりにくいから、わかりやすくしてもらいたい

・写真が掲載されていてリフォーム工事の内容がわかりやすいから自社も掲載したいなど

良い点、悪い点それぞれの気付きがあると思います。

ぜひ、お客様目線で見てください。

ホームページ制作の参考になります。

 

 

・自社の強みをピックアップする

お客様は、悩みや課題、知りたいことがあり、サービス内容や商品を知るためにホームページを訪問します。

 

ホームページとは、お客様に自社を知ってもらうことができる場所です。

 

自社の強み、得意なサービスは何なのかをしっかりピックアップし、そしてその強みがお客様の必要としている情報、お客様の悩みを解決できる情報と直結するような内容にします。

 

これらのポイントを依頼書などにまとめておくと、要望の伝えもれ防止、制作会社との意思の統一ができ、希望のホームページを作ることができます。

 

 

 

3 見積もりは複数社とるのが当たり前!

 

作りたいホームページのイメージができ、制作予算が決まったら、次はいよいよお見積りです。

お見積りは1社だけでなく3~5社くらいでとりましょう。

少なすぎても良い会社を見つけられる可能性が低くなってしまいますし、多すぎると対応が大変です。

 

たくさんある制作会社に、どこにどうやってお見積りをとればよいのでしょうか。

そこで便利なのが「一括見積りサイト」です。

一括見積りサイトもたくさんありますので、詳しくはまた別の機会に紹介させていただきますね。

 

同じ依頼内容でお見積りをしても、制作会社によって得意な分野、不得意な分野がありますので見積り金額はさまざまです。

 

お見積りが揃ったら、制作会社とは対面で商談することをおすすめいたします。

「いちいち会って話しをしなくても・・・」なんて思うかもしれませが、

ホームページはデジタルですが、それを作っているのは人なので、対面商談は重要です。

 

担当営業だけでなく制作担当とも面識をつくると、お互いの信頼関係もアップするので、制作会社に訪問してみるのもおすすめです。

 

ホームページは制作して完了ではありません。

たとえばホームぺージ制作後、テキストの内容や連絡先を変更したいなどの修正に対して、対応可能かどうかも制作会社を決めるポイントです。

 

 

わたくしどもはお客様とのコミュニケーションをなにより大切にしています。

「リフォーム会社」だからこそできる「建築ホームページ」を作成します。

 

お見積りなどもメールや電話だけではなく、直接お会いしてお客様のご要望をお伺いしております。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

 
(Visited 16 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP