WEBで成功しているリフォーム会社コラム

アクセス解析を活用しよう!! 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ アクセス解析を活用しよう ◇

 

 

 

ホームページの制作を依頼する時、何を重要視しますか?

「かっこよくしたい」「オシャレな感じにしたい」とデザイン重視で考えている方が多いのではないでしょうか?

 

たしかにパッと目を引くデザインは大変に重要です。

 

たくさんの人に読んでもらえることになれば、集客率もアップするでしょう。

では、どのようなホームページがユーザーに好まれるのでしょうか?

 

「デザイン」とは、イメージや空想を形にした漠然としたものです。

企業として運営をするには、漠然としたものだけに頼るのではなく、数値で客観的にとらえていかなければなりません。

 

アクセス解析で、可視化できるデータがたくさんあります。

ホームページをしっかりと解析して、傾向のみえる化に取り組んでいきましょう。

 

 

 

 

1なぜアクセス解析は必要なのか?

 

 

そもそも「アクセス解析」とは何でしょうか?

分かりやすく言うと、人間でいう「人間ドック」のようなものです。

 

このサイトは何人訪問者があって、どこを閲覧されているのか?

などホームページへアクセスしたユーザーの動きを解析することができます。

 

「せっかくホームページを作ったのに全く反響がない」

「ホームページを改善したいが、何をしたらよいのかわからない」など

 

お困りの場合は「アクセス解析」を上手に使うと、ホームページのアクセス状況が数字で具体的に「みえる可」できて、改善策が浮かんでくるでしょう。

 

 

 

【ユーザーは、どこからきたのか】

検索エンジンからなのか?他のサイトからのリンクなのか?

 

【どんなキーワードで来訪しているのか】

どんな情報を探しているのか?

 

【サイトに訪れているユーザーの属性】

ターゲットの年齢や性別は?

 

などアクセス解析を使うとマーケティングができるため、非常に重要なのです。

 

人間ドックは、A判定だと安心できますよね。

人間ドックのように己の数値を知って、正常範囲や改善するべき点などを、ホームページ運営に役立てていきましょう。

アクセス解析は、セルフチェックもできるので、定期的に実施することをおすすめします。

 

 

 

2 解析には何がある?

 

 

代表的な解析ツールは、「GoogleAnalytics」(グーグルアナリティクス)です。

 

一概にアクセス解析と言っても、項目はたくさんあります。

主な解析項目をご紹介します。

 

【セッション】

・訪問者がそのサイトを閲覧し、回遊して離脱するまでの事

 

【アクセス数】

・ユーザーが閲覧したページの総数

 

【クリック数】

・広告やリンクがクリックされた回数

 

【直帰率】

・ユーザーがサイトを訪れた時に着地した1ページだけを見て、そのまま離脱してしまう行動の割合

直帰率=直帰したセッション数 ÷ 全セッション数

 

【離脱率】

・サイトを訪れたユーザーのうち、そのページが閲覧された回数のうち、離脱したのがどれくらいかを示す値

離脱率=離脱したセッション数 ÷ PV数

 

【回遊率】

・ユーザーがホームページ内のページをどれだけ閲覧したか、PV数を表す割合

回遊率= PV数 ÷ セッション数

 

CV コンバージョン率】

・サイトの訪問者に対してどのくらいの人数が成果(問合せや申込などの成果達成率)に結びついたかの割合

CV率=CV数 ÷ セッション数

 

ユーザーが興味をもつコンテンツを増やしたり、コラムなども読みやすい行間などの工夫で改善できますよ!

 

 

 

3 ヒートマップで分析しよう

 

 

一般的にいうヒートマップとは、エリアごとにデータの数値を色分けしたグラフのことですが、

アクセス解析でいうヒートマップは、ユーザーの反応を、色によって可視化するものをいいます。

 

ヒートマップは、サイト全体ではなく、特定のページを分析するツールになっています。

 

ホームページの顔であるトップページや、LPの分析におすすめです。

ヒートマップで分析可能なのは以下の通りです

 

【スクロールマップ】

ページをどこまでスクロールして、どのコンテンツを閲覧したのか?

どこで閲覧を止めてページを離脱したのかもわかります。

 

 

【アテンションマップ】

WEBページ上でスクロールをストップして、滞在している時間を計測します。

「アテンションマップ」で赤く表示される場所は、ユーザーがコンテンツに注目し、熟読していることが分かります。

 

【クリックマップ】

ユーザーがページ上でクリックをしたところが、赤く表示されます。

 

【ホバーマップ】

ユーザーがクリックやスクロールなど、マウスのカーソルの動きを追い、カーソルを置いた場所が、赤く表示されます。

 

 

ヒートマップは、カラーグラデーションで表示されるため、たユーザーは、どこを見て、どこをクリックするのか?

などとてもわかりやすく分析できます。

 

分析は、ひとつの項目だけに着目するのではなく、ホームページ全体で見ることが大切です。

直帰率が高くても、トップページに読んでほしいコンテンツがあり、その目的を果たしていれば、CV率も上がるはずです。

 

 

御社のホームページも解析・分析して、同業者に差をつけましょう!!

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

(Visited 25 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP