建設業専門ホームページならウェブコンシェル

〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1
株式会社イエスリフォーム
ウェブコンシェル事業部
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244受付時間:平日 9:00~18:00

WEBで成功している
リフォーム会社コラム

ホームページを活用して集客力アップ! 集客が伸び悩む建築企業に向けて分かりやすく解説
【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

  • 公開日:

 

 

ホームページがあるのに問い合わせが少ない、成果が出ない、というお悩み、競合の多い建築系企業ではよくある問題です。

ウェブサイトはもはやビジネスで欠かせないツールですが、ただ「持っている(存在している)」だけでは意味がありません。

では、どうしたらウェブサイトで成果を上げられるのでしょうか?このコラムでは、そんな問題を3つのポイントで解説します。

集客の基本を理解し、ウェブサイトをただの「情報ページ」から、「集客を強力にサポートするツール」に変える方法を知ってください。

 

 

ホームページからの集客につながらない3大問題とその原因

ホームページがあってもお客様が増えない。このような悩みは、実は多くの企業で共通しています。

それは一体なぜでしょうか。ここでは、その3大問題とその原因を簡単にご紹介します。

 

問題1:そもそも、ホームページを知ってもらえないor見つけてもらえない

ホームページがあれば見てもらえる、そして問合せが入る、と思っていらっしゃる方は多いのですが、実際は違います。

ホームページがあっても、検索エンジン(GoogleやYahoo!など)検索結果で上位に表示されなければ、皆さんのホームページがクリックされる可能性は極めて低くなります。

上位に表示されるためには、検索エンジンからの評価が大切です。簡単に言うと、お客様がネットで何を探しているかを考え、そのキーワードで検索後のページにおいて「上位」に出るようにすることがホームページを見つけてもらうためには必要とされています。

 

問題2:他の会社と差がつくポイントがない

多くの建築企業がウェブサイトを持っていますが、それぞれの企業が何を得意としているのか、どう違うのかがわからないと、お客様は選べません。

自分たちの強み、独自性をしっかりとウェブサイトで表現することが大切です。

 

問題3:ウェブサイトが見づらいor使いにくい可能性

ウェブサイトを訪れた人が、探している情報を簡単に見つけられない、または動きが遅いと、すぐに他のサイトに移動してしまいます。つまり、使いやすさも大事なポイントです。

 

思い当たるところはありましたでしょうか?

では次のセクションで、これらの問題をどう解決するかについて具体的な方法をご紹介します。

 

ウェブサイトでお客様を増やす方法

お客様が少ないと感じる場合、まずは「どんなお客様に来てほしいか」を改めてしっかり考えましょう。

例えば、新築の一戸建てを考えている家庭、リノベーションを検討しているオーナーなど、狙いたいお客様の特徴を明確にしておくと、後のステップが楽になります。

 

次に、「どんな言葉で探してもらいやすいか」も大事です。

これは自分たちの仕事に何が強みであるかをキーワードにすることです。

例えば、「デザイン性」「エコ」「築古リノベーション」「定額プラン」など、自社の強みとなるキーワードでお客様が検索してもらいやすいようにしましょう。

 

そして、これらのターゲットとキーワードに合う、写真や情報記事、動画を掲載して、自社の魅力をしっかりと伝えます。

過去の施工例やお客様の声、新しい建材や技術についての解説など、具体的な内容で信頼と興味を持ってもらえる材料を提供しましょう。

 

最後に、サイトを見やすく、分かりやすくすることが大事です。

大きな見出しや、わかりやすいメニュー、鮮明な写真などを使い、訪れた人が求める情報をすぐに見つけられるように工夫します。

特に、問い合わせ先や見学会・見積などの申し込みについては、一番目立つ場所に置くといいですよ。

 

以上のように、誰に対して、何を、どう伝えるか。この三つをしっかりと考え、ウェブサイトに反映させることで、より多くのお客様を自社に引きつけることができるでしょう。

次のセクションでは、これらを実践した成功例をご紹介します。

 

建築系ホームページでの集客成功の例とそのコツ

ウェブサイトをうまく使ってお客様を増やした成功例はたくさんあります。

一例として、たまたま対応したニッチな工事について、集客につながるとは思わずに施工ブログに上げたところ、しばらくして同様の工事の相談が入った、など。

このように、自社にとってはあまり頻度の高くないような情報であっても、対応歴や自社の強みを効果的にアピールすることで、数多くいるユーザーに会社が認知され、ホームページによる集客成果につながる可能性がアップします。

 

次に、SNSと連動させる方法です。

自社の最新情報やキャンペーン、施工例などをタイムリーにSNSで発信することで、ウェブサイトへの訪問も促します。

例えば、Instagramで写真だけをアップして、「詳細はウェブサイトで!」とお知らせすると、興味を持った人がInstagramからウェブサイトを訪れるきっかけとなります。

 

最後に、ホームページの運用成果をしっかりとチェックする方法です。

いわゆる「GA(Googleアナリティクス)」や「サーチコンソール」などの無料ツールを使って、どれくらいの人がサイトを訪れ、何を見て、どれくらいの時間見ているのか、そしてどのようなキーワードでホームページに来たか、などをチェックすることが大切です。

これらの情報を読み解くことで、次に何をすべきかを考える材料にもなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単にまとめると、①いい情報=ニーズに合う情報を載せ、②それをうまく知ってもらい、③そしてどのくらい効果があるかを確かめる。この一連の流れをしっかりと行うことで、ウェブサイトを通じた集客は確実に向上します。そして次のステップに進むための大事なヒントも見つかるはずです。

先ほどもお伝えしたように、ホームページがあるだけでは認知されず、何もしなければ集客ツールとしての役割を果たせないままになってしまいます。

ぜひ積極的に運用し、営業要素としての機能を高めていきましょう。

 

 

 

(Visited 9 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案いたします!

株式会社イエスリフォーム 
ウェブコンシェル事業部
〒103-0005 
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244