建設業専門ホームページならウェブコンシェル

〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-3-9 大内ビル1F/2F
株式会社イエスリフォーム
ウェブコンシェル事業部
東京都中央区東日本橋1-3-9 大内ビル1F/2F
TEL:0120-16-1244受付時間:平日 9:00~18:00

WEBで成功している
リフォーム会社コラム

建築業者のホームページリニューアル成功の鍵: 目的別デザインとユーザビリティの最適化

  • 公開日:

 

建築業界において、ホームページはビジネスの成長に不可欠なツールとなっています。

そのような中、時代の変化や新たな事業計画に合わせてホームページをリニューアルすることもあると思います。

その際、目的別のデザインとユーザビリティの最適化がポイントとなることをご存知ですか?

今回は、集客力向上、採用強化、ブランディングなど、さまざまな目的に応じた効果的なデザイン戦略をご紹介します。

 

 

ホームページリニューアルの重要性と目的設定

建築業界において、今や強力な営業ツールであるホームページは企業の成長にも欠かせない要素となっています。

時代の変化により、既存のホームぺージの見た目や内容が「現在のニーズにマッチしていない」「目標達成のために役不足」などの印象を感じた場合、ホームページのリニューアルは今後の企業成長のための重要なステップとなります。

そしてホームページニューアルにおいては、その目的を明確にしたうえで目標達成のための策を検討することが最も重要です。

 

リニューアルの目的は企業ごとに異なりますが、代表的なものとして、まず集客の増加を希望するものが一番多いのではないでしょうか。

ウェブサイトは建築業社と顧客との最初の接点となるため、魅力的で情報豊富なサイトにすることで新たな顧客の獲得につなげることができます。

また、優秀な人材の獲得を狙ってリニューアルをしたい、という事もあるでしょう。

建築業界では、優れた技術者や対応力を持つ人材の確保において、ホームページは企業の魅力がアピールできる貴重な場となります。

さらに、企業ブランドイメージの向上も目指したいという会社もあります。

ホームページにおいて企業の価値観や専門知識、実績を伝え、「自分たちにしかできないサービス」を売りに会社のブランディングを強化する上でも重要なツールです

 

目的別 デザイン戦略や具体的な内容

■集客力向上
見た目(ビジュアル)の良いオシャレホームページは建築業界において特に重要な要素です。
デザインのベースは自社の施工イメージを引き立てるものにするのが原則です。
その上で、魅力的な施工写真を配置しデザインを完成させることで訪問者の期待感をアップさせ、興味を引きつけることができます。
その他には、施工事例やプロジェクトの写真を集めたギャラリーページなどもおすすめ。
また、専門的な情報提供ができるコンテンツ(コラム)も集客力向上に大きく貢献する事例として挙げられます。

■採用強化
ホームページを活用して採用強化を図るためには、まずは企業の魅力をアピールする働き方を反映したコンテンツを充実させましょう。
・社員の声(社員インタビュー)
・業務レポート
など、「会社や人」と「業務内容」のリアルな情報を求職者は求めています。
動画も活用しながら、社員の仕事へ取り組む姿勢を映像や文章で伝えることで、求職者に具体的なイメージを与えることができます。

また、モバイルフレンドリーなデザインも重要です。
多くの求職者はパソコンではなくスマートフォンやタブレットからホームページにアクセスしますので、レスポンシブデザインを導入し、モバイル環境での閲覧や応募がスムーズに行えるようにしましょう。

■ブランディング

建築会社のブランドイメージを強化するためには、デザインをブランディング戦略に基づいて構築することが重要です。
まずは、企業の「色」=独自性や価値観などを反映したデザインを追求しましょう。
ホームページは会社の特徴をアピールする場でもあります。デザインやメッセージを通じて一貫したブランドイメージを構築し表現することで、会社に興味を持ち、初めてホームページを訪れたお客様に対し、会社のアイデンティティーをスムーズに伝えることができます。
また、「お客様の声」を紹介することも信頼性を高めるためにおすすめしたい事例です。

以上が、建築会社のホームページリニューアルにおける目的別デザイン戦略や好事例のご紹介でした。
では次に、ユーザビリティの改善に焦点を当て、具体的なポイントを探っていきます。

 

ユーザビリティの最適化はここを工夫しよう!

ユーザビリティとは、ウェブサイトの使いやすさや操作性を指し、ユーザーがスムーズに目的を達成できることを意味します。

一方、ユーザーエクスペリエンスは、ユーザーがウェブサイトやサービスを通じて得る全体的な体験や感情を指します。

こちらの目次では、ユーザビリティの最適化とユーザーエクスペリエンスの向上に焦点を当てて解説していきます。

 

「ユーザビリティ改善の重要性と具体的なアプローチ」

建築業のホームページは分かりやすい動線であることが重要です。

メニューやリンクを適切に配置しユーザーが目的のページに素早くアクセスできるようにしましょう。

また、パソコン以外の端末からのアクセスが増えている現代では、画面サイズに応じて適切に表示されることが求められていますので、レスポンシブデザインはマストです。ユーザーにとって快適に閲覧できる表示環境を整えましょう。

もう1点、ページの読み込みが遅いサイトは離脱率が一気に高まりますので、読み込み速度を最適化する取り組みも大切な要素です。

 

「使いやすさを追求するためのデザインの工夫」

使いやすさを追求するためには、統一感をもたらすフォントの統一、アイコンの使い方などの一貫性が大事なポイントです。

そして、ユーザーが必要な情報を見逃さないよう、見出しやボタンなどの要素を適切な色やサイズで表現しましょう。また、適度な余白も読みやすさに大きく影響しますので、こだわってデザインを仕上げていきましょう。

 

まとめ

目的別のデザイン戦略とユーザビリティの最適化がポイントとなるホームページのリニューアル。

今回ご紹介したものは全て、「相手(お客様)」がどう感じるか、といったところがポイントです。

「自分がこうしたい」ではなく、相手が求めているニーズを探り、それを満たすものに仕上げていけるかどうか。といった点がホームページリニューアルの成功の鍵であることは間違いありません。

目的に沿ったホームページの改善が今後のビジネスシーンにおける強い味方になるでしょう。

 

 

 

(Visited 17 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案いたします!

株式会社イエスリフォーム 
ウェブコンシェル事業部
head office
〒103-0004
東京都中央区東日本橋1-3-9 大内ビル1F/2F
branch office
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244