WEBで成功しているリフォーム会社コラム

Webライティングのコツ 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ Webライティングのコツ ◇

 

 

 

Webサイトのコラム・ブログ担当になったけど「何をどう書いたら良いかわかならい」

Webライティングに悩む方も多いのではないでしょうか?

 

Webライティングは紙媒体とは違い、特別な文章力が必要な訳ではありません。

Webの専門知識が必要とか、文章が上手かどうかということではなく、Webライティングにはコツがあります。

 

Webライティングにお悩みの方、Webライティングのコツを覚えて、たくさん記事を書いて集客・売上アップを実現しましょう!

 

 

 

 

 

1 Web媒体と紙媒体の違い

 

「記事を書く」ということでは同じですが、Web媒体と紙媒体では大きな違いがあります

 

・読者のモチベーションの違い

Web媒体と紙媒体では、読者のモチベーションが違います。

【紙媒体】

紙媒体である書籍や雑誌は、基本的に購買して読むので、最後までじっくり読み切ることが前提です。

 

【Web媒体】

通勤途中などスキマ時間に読まれることが多い。

無料で膨大な情報があるので、読みにくかったら途中でやめて、他のWebサイトを検索します。

 

・求める文章の違い

【紙媒体】

読者を満足させる、表現力、日本語力、引き込む力が必要

 

【Web媒体】

だれでも簡単に分かる、わかりやすい文章

 

Web媒体の記事は、ほとんどの読者が自分の悩みや問題を解決するためにWeb検索されます。

読者が自分の悩みや問題を解決できるかどうか、「知りたい情報がわかりやすい」ことがポイントになります。

 

 

2 Webライティングのコツ

 

Webライティングとは、読者が知りたい情報を記事にすることがコツです。

 

【記事を書く前の準備】

・誰にむけての記事なのかターゲットを決める

・ターゲットはどんな情報が欲しいのかを考える

 

【題材が決まったら】

・伝えたい情報を箇条書きにし、キーワードを決める

・情報を整理していらないものを省き文章の構成を考える

・キーワードで検索して、上位表示される記事の傾向を分析する

上位表示の記事はあくまで参考なので、オリジナリティを活かして制作しましょう!

 

【記事を書くときのポイント】

・見出しは慎重に

読者は「見出し」を見て、この記事に自分の欲しい情報があるかどうかを判断します。

伝えたいことは見出しに設定しましょう。

・見出しの文章はキーワードを入れて簡潔にわかりやすく

・小見出しを活用する

小見出しを活用することで、読者は自分の欲しい情報をスムーズに読むことができます。

 

・導入文がポイント

読者がこの記事を読むか読まないかは導入分で判断します。

導入分とは検索結果で表示される文章のことです。

100~200文字程度でまとめます

【導入文のポイント】

・悩みに共感する

「~ということでお悩みありませんか?」など読者の悩みに共感する書き方

 

・結論を最初に書く

「今回は○○についてまとめました」のように結論を最初に書くことで、その情報を知りたい人にアピールする書き方

 

・含みを持たせる

「○○と言われていますが、本当は△△なのです」など、「本当は~」という事で、他にはない情報が書いてあるとアピールする方法

 

・本文はわかりやすく

読者が欲しい情報をわかりやすい文章で書きます

 【本文のポイント】

・文章の長さ

1つの文章が長くて改行が無いと、とても読みづらく読者にストレスをあたえます。

1文は40~50程度にし、改行をしながら読みやすい文章にしましょう

 

・わかりやすい言葉

難しい言葉や表現ではなく、わかりやすい文章にすること。

ターゲットの年齢を想定し、普段の生活で使われる言葉を選び、具体例などをあげるのもわかりやすい文章のポイントです。

 

・ひらがなと漢字のバランス

文章の中で漢字の連続、ひらがなの連続はとても読みづらいです。

 

・句読点に注意

記事を書いていると、句読点が少なかったり多くなったりします。

適切に句読点を使って文の長さを短くすることで読みやすい文章になります。

 

・文字の装飾

文章が単調になってしまわないように、強調したいところは太字、下線、色を変えてメリハリをつけましょう

 

【最後に】

・コピーチェックをする

自分の書いた文章が、他のWebサイトの記事のコピーになっていないかチェックしましょう。

コピーした記事はGoogleからの評価が下がり、検索順位が下がってしまいます。

またGoogleは同じ内容のコンテンツを2つ以上同時に検索結果に表示しないようにしているので、検索結果に表示されない可能性もあります。

 

・読み直しする

自分の書いた文章を必ず読み直ししましょう

・読み返しなどせずに、簡単に読むことができるか

・見出しだけでおおよその内容がわかるようになっているか

・タイトルに対する結論(解決策)があるか

 

3 リライトをしてブラッシュアップしよう

 

リライトとは、すでに公開した記事を加筆修正することです。

ブログやコラムなど記事のコンテンツに対してリライトします。

 

たくさんコンテンツがあるのに訪問者が少ない場合、リライトしてより良いコンテンツにブラッシュアップしましょう。

上位表示されているコンテンツと何が違うのか、足りない情報はなかったかをチェックしてリライトします。

 

リライトすることで、Googleなどの検索エンジンに再評価されるので、検索順位が上がる可能性がありまます

 

いかがでしょうか?

ぜひ「Webライティング」のコツを活用して、どんどん記事を書いてみてください

Webライティングは、書けば書くほど良い文章をかけるようになります。

Webライティング力をアップして、自社の売上・集客アップにつなげましょう。

 

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

(Visited 25 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP