WEBで成功しているリフォーム会社コラム

建設業の集客UPするためのWebマーケティング 「コンバージョンとは」 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ 建設業の集客UPするためのWebマーケティング「コンバージョンとは」 ◇

 

 

 

建設業のほとんどが自社のWebサイトを持ち、そしてWebサイトからの集客をUPしたいと考えているかと思います。

 

そこでポイントとなるのが「Webマーケティング」

Webマーケティングとは、Webサイトにより多くのお客様を集客し、サイトの商品やサービスなどの購入を促すことです。

Webサイトにおける、「情報の発信方法」、「お客様が知りたいと思っている情報へのWebサイト内での誘導の仕方」などを考え実行することがWebマーケ―ティングの取り組みなのです。

 

要するに、Webマーケティングは「Webサイトの集客UP」するための活動なのです。

 

建設業の集客UPするためのWebマーケティング。

今回は「コンバージョン」についてお話しします。

 

 

1 コンバージョンとは

 

コンバージョン(conversion)とは、英語では変換、転換、交換という意味です。

CVと略されて記載されることもあります。

Webマーケティングでは、Webサイト上で目標としているアクションをおこしてくれ獲得できる最終的な成果のことがコンバージョンです。

そしてコンバージョンの数は、現状のWebサイトが目標をどのくらい達成しているかがわかる、客観的な指標になります。

サイトの種類によって成果は異なるので、コンバージョンも様々です。

例えば、ECサイト(electronic commerce site)はインターネット上で商品を販売するサイトなのでコンバージョンは「商品購入」、情報提供やコミュニティのサイトでのコンバージョンは「会員登録」、企業サイトや商品情報サイトでのコンバージョンは「問い合わせ」となります。

 

また、コンバージョン率とはWebサイトを訪れたお客様のうち、コンバージョンに至ったお客さまの割合のことです。

 

コンバージョンを設定し、どのくらいの数を獲得しているか計測することがWebマーケティングでの大事な指標となります。

コンバージョンを上げてWebサイトを効果的に運用すれば、会社全体の利益、業務の拡大が期待できます。

 

 

2 コンバージョンを設定しよう

 

Webサイト上で目標としているアクションとは

・商品購入

・会員登録

・資料請求

・お問い合わせ

・お見積もり依頼

このような項目がコンバージョンとしてあげられます。

 

建設業では「お問い合わせ」「お見積もり依頼」などがコンバージョンと考えられます。

 

【建設業のコンバージョンの流れ】

お客様がWebサイトに訪問する

アクションする(お問い合わせ・お見積もり依頼をする)

(見込み)顧客になる

売上につながる

 

【コンバージョンを決める時のポイント】

アクションのハードルの高さと利益のバランスがポイントとなります。

 

「顧客獲得=利益」というコンバージョンが理想ですよね。

しかし、コンバージョンというアクションのハードルを高くしてしまうとお客様にアクションをしてもらえません。

 

もし、コンバージョンが「リフォームの申し込み」となっていたらお客様はアクションするでしょうか?

いきなりリフォームを申し込むお客様はほとんどいません。

ハードルは低いほうがアクションしてもらえまる確率が高くなります。

 

建設業の場合「お問い合わせ→無料お見積もり→お申し込み」の順番であれば、お客様はまずお問い合わせをして自分の希望が叶えられるのかどうか、見積もりで内容やサービスを詳しく知ることにより、お申し込みへの気持ちが高まり、顧客獲得となります。

このように、コンバージョンはアクションのハードルの高さと顧客獲得へのバランスを考えて設定しましょう。

 

お問い合わせフォームに、「ご相談」、「お見積もり」、「現地調査」、「その他」チェックボックスを設けておくと、お客様は自分の目的にあった問い合わせができるので、アクションしてもらえる確率が上がります。

 

 

3 コンバージョンを上げるには

 

コンバージョンを設定したら、どのようにコンバージョンを獲得していけばよいのでしょうか?

コンバージョンを増やすには、まずWebサイトへの訪問者を増やすことです。

訪問者が増えれば、その分コンバージョン数が増える可能性が高くなります。

 

【Webサイトの訪問者を増やすには】

・ターゲットを決める

Webサイトに訪問者が増えても、お問い合わせに繋がらない人ばかりでは意味がありません。ターゲットを決めましょう。

住んでいるエリア、家族構成、所得、予算など理想的なお客様をターゲットに設定します。

ターゲットを明確にすることにより、自社のWebサイトに訪問してもらいたいお客様に、お客様の必要な情報を提案でき、お客様の満足度は高まりコンバージョンにつながります。

 

・アクセス数を増やす

Webサイトのアクセス数を増やす方法は「検索エンジン」と「ネット広告」があります。

検索エンジンでアクセス数を増やすには、SEO対策です。

建設業の場合、施工事例を更新することがSEO対策となります。

施工事例には、お客様のエリア、ビフォー&アフターの写真、金額、作業内容、お客様の声などをしっかり記載しましょう。

施工事例を更新することにより、GoogleやYahooは有益な情報のサイトと認識し検索上位表示の可能性が高くなります。

 

検索エンジンからのアクセスは貴重で、お問い合わせしてくれる可能性が高いお客様です。

意欲的な建設業の会社は、SEOを意識して施工事例を充実させています。

 

コンバージョンをあげて、集客のできるWebサイトにしましょう。

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

(Visited 28 times, 2 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP