WEBで成功しているリフォーム会社コラム

お持ちのホームページは「レスポンシブ対応」していますか? 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

◇お持ちのホームページは「レスポンシブ対応」していますか?◇

 

 

 

「ホームページはすでに持っているし、名刺代わりの簡単なものだからリニューアルの必要性もない」

と思っていませんか?

では、御社のホームページは「レスポンシブ対応」はされていますか?

 

今やレスポンシブ対応はホームページをもつ上で、常識ともいえるでしょう。

その必要性やメリットについてご説明したいと思います

 

 

 

 

1「レスポンシブ対応」ってなに?

 

 

スマートフォンで見た時に画面に収まりきらず、横スクロールが必要なホームページになっていませんか?

 

「レスポンシブ対応」とは、PCの大画面やタブレット、スマホの小さな画面・・とどんなサイズのデバイスで見ても、見やすくなるよう自動で調整し、最適な表示をするデザインのことをいいます。

 

PCサイトとモバイルサイトをそれぞれ作り、表示をする方法もありますが、後々の更新や修正もそれぞれ行う必要があり、PCサイトとモバイルサイトで内容が違う!という困った事案も発生する可能性が高くなります。

 

レスポンシブ対応は、ひとつのデータで管理ができるので、PCとスマートフォンで見た時に情報が異なるという事もありません。

 

 

他にもレスポンシブデザインにはこんなメリットがあります。

 

・Googleがレスポンシブデザインを推奨しているので検索順位に優位に働く

・SEO向上が期待できる

 

などなど・・・

ホームページにはレスポンシブ対応は必須と言えるでしょう。

 

 

 

2 「レスポンシブ対応」と「スマホ対応」の違い

 

いまはPCよりもスマートフォンユーザーの方が多いです。

それなのにホームページがモバイル未対応ではアクセス解析などでの閲覧環境も含め、早急な対応をおすすめします。

 

スマートフォンからも見やすくするために、スマートフォン用の「スマホ対応」でホームページを作るのと、全デバイスから共通のデータをそれぞれのデバイスから見やすく表示する「レスポンシブ対応」の二つ方法があります。

 

「スマホ対応」と「レスポンシブ対応」どちらがよいのか?それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

スマホ対応

 

スマホ対応とは、PCサイトとは別にそれぞれ「スマホ用サイト」や「タブレット用サイト」を作ることです。

各デバイスことにファイルを作るので、全てURLが異なります。

 

【メリット】

・凝ったデザインで作ることができる。

・PC向け・スマホ向けでそれぞれの環境に合わせてベストな状態で作れる

 

【デメリット】

・ファイルがそれぞれPC用、スマホ用で分かれているので、更新や変更するときはそれぞれしなければならない。

見落としがあると、PCサイトとスマホサイトで異なった情報になってしまう。

・ それぞれURLが異なるのでSEOに弱い

 

 

レスポンシブ対応

 

1つのHTMLファイルでスマートフォンやタブレット、PCなど様々なデバイスに対応したレイアウト・デザインを自動に調整して表示することができます。

 

【メリット】

・ HTMLが共通なので、更新時や変更時に見落としがない
・URLが共通なのでSEOに強い
・ Googleが推奨している

 

【デメリット】

・ 工期日数がかかる場合がある
・PC向けサイトとモバイル向けサイトのデザインを大きく変えることが難しい

 

 

3「レスポンシブ対応」はSEO対策にもなる

 

 

「レスポンシブ対応は、Googleが推奨している」というのはどういうことでしょう?

2015年にGoogleはモバイルフレンドリー化されているサイトを優遇するようになりました。

モバイルフレンドリー化とは、簡単にいうとスマートフォン用の表示を最適化し、ユーザーがストレスなくスマートフォンからWebサイトを閲覧できるようにすることです。

 

いまはPCからより、手軽なスマートフォンやタブレットから閲覧している人が多いと言われており、モバイルフレンドリー化されているかいないかでは検索順位にも影響が出るといわれています。

 

PCサイト以外でもSEO対策が必要になってきたのです。

しかしながら、レスポンシブ対応さえしておけばSEOが優位に働くから一安心というわけではありません。

 

SEOは「ユーザーが求める、役立つコンテンツ」「ユーザーが満足を感じる」ホームページが検索上位に上がってきます。

Googleが推奨しているのはそのためです。

モバイルユーザーのニーズに答えているか?これがポイントとなります。

 

 

◆ テキストは読みやすいか?

◆ 横方向のスクロールが必要でないか?

◆ タップしやすいか? タップ領域が狭すぎて、誤タップしやすくないか?

◆ Flash形式など、スマホで再生できないコンテンツが含まれていないか?

◆ 読み込みに時間がかかりすぎないか?

 

ユーザー目線で見たらどれも「なるほど」と思いますよね。

上記のような点で引っ掛かるホームページはユーザー目線になっていません。

 

使うデバイスを限定せず、いつでもどんなデバイスでもストレスなく見れて、役立つコンテンツがあるホームページは自然とSEO対策ができるのですね。

 

お持ちのホームページの「レスポンシブ対応」モバイルフレンドリー化など、ぜひご相談ください!

SEOにも強いホームページをご提案いたします!

 

 

 

(Visited 51 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP