WEBで成功しているリフォーム会社コラム

リライトとは? リライトで検索順位をあげよう! 【建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします】

 ◇ リライトとは? リライトで検索順位をあげよう! ◇

 

 

 

 

コンテンツの記事を「リライト」していますか?

記事は公開したら終わりではありません。

リライトはSEOで検索上位表示をする意味でも効果的な手法です。

 

「記事をたくさんかいているのに、アクセス数がなかなか増えない・・・」

そんなお悩みを解決できるのが「リライト」です。

 

リライトをしてアクセス数を増やしましょう!

今回は、リライトのコツをご紹介します。

 

 

 

1 リライトとは

 

リライトは、すでに公開しているコンテンツを改善するために、文章を書き足したり、タイトルやディスクリプションの編集をすることです。

文章の校正とは異なります。

正しいリライトができれば、良質なコンテンツをつくることができるので、検索順位の改善やアクセス数アップにつながります。

 

リライト

既存の文章の内容は変更せずに、より分かりやすく、読みやすい文章になるように表現の変更をすること

 

校正

誤字脱字や言葉の使い方を修正すること

分かりやすい文章に変更することではありません

 

【リライトのメリット】

・検索順位を上げる

リライトをすると検索エンジンで上位表示される可能性が高くなります。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを上位表示させます。

コンテンツの記事の内容はもちろんですが、読みやすいか・分かりやすいかも評価の対象になるので、リライトをすることにより評価が上がります。

また情報の鮮度もポイントです。

Googleは、テーマに対して最新の情報を取り扱っている記事コンテツを評価します。

リライトをして検索上位を目指しましょう

 

・クリック率を上げる

また、検索順位は上位表示されているのにクリック率が良くないページは、ユーザーの検索意図をふまえたタイトルやディスクリプションをリライトするとクリック率も改善されます。

 

 

 

2 リライトする記事の選び方

 

・検索順位が上がらず停滞している

Webページを公開して1ヵ月は、徐々に検索順位が上がる可能性があります。

1ヵ月以上経過して検索順位が上がらない場合はリライトしましょう。

 

・平均検索順位20位以内

Google Search Consoleを使って、検索パフォーマンスの平均掲載順位をクリックすると各ページの平均掲載順位が表示されます。

ここで20位以内のコンテンツをリライトしましょう。

検索順位が50位、100位など低いコンテンツは、文字数が少ない、または情報不足のためGoogleから評価されていない可能性が高いので、リライトより加筆修正がおすすめです。

上位表示されているコンテンツ関してはリライト必要ありません。

 

・クリック率が低い

検索エンジンの上位表示されれば、表示回数が増えます。

表示回数が増えたのにクリック率が低い理由は、タイトルやディスクリプションが、他のWebページに比べてユーザーの検索意図を満たしていないということです。

ユーザーにとって魅力的なタイトルやディスクリプションをつけることができれば、クリック率もアップします。

 

 

 

3 リライトのコツ

 

【タイトル】

30字以内で重要なキーワードは前方にいれる

Webページの内容と合ったものをタイトルにする

ユーザーのメリットをわかりやすく入れる

 

【ディスクリプション】

検索順位と直接関係はしていませんが、クリック率を上げるためのポイントになります。。

ディスクリプションは、Webサイトの要約を50~120文字程度で記載します。

ユーザーが知りたい情報やメリットが記載されていれば、クリック率も上がります

 

【本文】

ユーザーが知りたい情報がわかりやすく記載されているかが重要です

・関連キーワードを適切に入る

・専門性の高いオリジナリティ

・ユーザーが読みやすくわかりたすいか(専門用語はわかりやすく説明)

 

本文は、誰にむけての記事なのかターゲットを明確にすると記事も書き易くなります。

事実だけではなく、自分の考えも記載することによりオリジナリティがでます。

オリジナリティという点で、自社、他社サイトを問わず、内容が似ている記事を作成するとGoogleは「コピペ」と判断されてしまいます。

コピペはペナルティの対象になるので注意が必要です。

 

【内部リンク】

紹介できる関連記事があればリンクをつくりましょう。

内部リンクは、記事と記事がつながるので、ユーザーに次のページに遷移を促すことができます。

 

 

効果的なリライトをするために、リライトをしたら結果を確認しましょう。

リライトをして必ずしも良い結果がでるとは限らないので、面倒に思うかもしれません。

しかし、「記事をたくさん書いているのにアクセス数がなかなか増えない・・・」というお悩みの方にはリライトの効果が期待できます。

 

リライトは重要ですが、新規の記事を作成することも重要です。

コンテンツ記事が増えるまでは新規の記事を作成し、バランスをとりながらリライトをしていきましょう。

 

弊社は建設業特化型のホームページ制作会社です。

ホームページ運営のお困りごとや、リニューアルの相談などありましたら、ぜひ弊社までご相談ください!!

 

 

(Visited 4 times, 1 visits today)

建築系、工務店、リフォーム専門のHP制作ならウェブコンシェル – 集客の上がるサイトを企画・提案‎いたします!

ウェブコンシェル
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1
TEL:0120-16-1244

PAGE TOP